ポイントサイトでお金を貯める・節約する

スマホやパソコンでお金を貯める手段は山ほどありますが、初心者でも簡単に始められるのはポイントサイトを利用してお金を貯めることです。 ポイントサイトとはインターネット上でのお買い物やサービスを受ける際にポイントが獲得できるサイトのことです。

その他にもゲームをしたり、広告をクリックすることでポイントを獲得できます。
貯まったポイントは換金が可能で指定した銀行に振り込むことが可能です。

 自分のウェブサイトを持っていなくてもお金を貯めることができるので、ネットを使って無料でお金を貯めるのであれば、ポイントサイトは初心者向けとして無視できないサービスです
また、基本的にポイントサイトの登録には年齢制限がありませんので、小学生や中学生でもお金を貯めることが可能な方法です。

ほとんどのポイントサイトはスマホやタブレットにも対応していますから、スマホやタブレットでお金を貯めたいという方にもオススメです。

ポイントサイトでポイントを貯めるための準備

  1. メールアドレスの準備
  2. ポイントを現金に換金する際の銀行口座の準備

銀行口座はポイントを現金に換金する際に登録すればいいので、まずはポイントサイトに登録して、ポイントサイト内の銀行口座開設でポイントを貯められる案件を探してポイントを貯めましょう。

銀行/ポイントサイト 受け取れる現金
楽天銀行/ハピタス 400円
住信SBIネット銀行/ハピタス 350円
ジャパンネット銀行/ハピタス 850円
じぶん銀行/ハピタス 1,500円
楽天銀行/げん玉 650円
新生銀行/げん玉 500円
ジャパンネット銀行/げん玉 700円
じぶん銀行/げん玉 1,500円
住信SBIネット銀行/げん玉 240円
楽天銀行/お財布.COM 400円
新生銀行/お財布.COM 400円
じぶん銀行/お財布.COM 1,500円
ジャパンネット銀行/お財布.COM 1,000円

ポイントサイトでポイントを貯める方法一覧

<サービスの利用でポイントを貯める>

サービス サービス利用による収入
インターネットプロバイダーの契約 1契約あたり3,000~70,000円
FX口座の開設・取引 1口座あたり3,000~27,000円
クレジットカードの作成 カード1枚あたり1,000~15,000円
保険の相談 1社あたり5,000~10,000円
自動車保険・バイク保険の見積もり 1回あたり1,000~1,500円
証券口座・銀行口座開設 1口座あたり300~1,500円
資料請求 1回あたり100~300円
ゲームのダウンロード 1ゲームあたり10~50円

<商品の購入でポイントを貯める>

ショッピング(買い物) ポイント還元率
楽天市場 1%
ヤフーショッピング 1%
セブンネットショッピング 6%
ヤフオク 0.5%

上記以外にもショッピングでポイントが貯まるサイトは多々あります。
※残念ながらアマゾン(Amazon)はポイントサイトでのポイント還元はありません。

<ゲームの実行でポイントを貯める>

  • すごろく
  • ビンゴ
  • くじ引き
  • スロット
  • ポーカー

<その他でポイントを貯める>

  • メール受信
  • サイト訪問(リードメール・クリックポイント)
  • 動画の閲覧
  • 懸賞・キャンペーン応募
  • アンケート・モニター
  • レビュー
  • スマホやタブレットでアプリのダウンロード
  • Facebookと連携してアプリ利用と「いいね!」クリック
  • 紹介制・リファーラル制

ポイントサイトでお金を貯めるコツまとめ

登録時の個人情報入力では、「興味のあるカテゴリー」にはすべてチェックを入れるのが基本です。

どのポイントサイトに登録すべきか?

以下は有名なポイントサイト一覧です。

それぞれバナーの画像から無料登録ができます。


モッピー!お金がたまるポイントサイト
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ポイントサイトでお金を貯めていくのなら、
特にモッピーお財布ドットコムハピタスポイントタウンげん玉ゲットマネーちょびリッチといった、大御所サイトは登録必須です。

使い込むことで相応のお金を稼げます。

ポイントサイトによって、サービス利用によるポイント還元の得意分野は大きく異なります。

ポイントサイトの登録自体はすべて無料ですから、初心者の人はどんどん登録していって、自分にあったポイントサイトを探していきましょう。

長続きしそうな、有名なポイントサイトで作業することが大事です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる